こんな香典返し(満中陰志)がよく選ばれています

香典返しは一般的に頂いた香典の3分の1から半分程度の金額を目安にして品物を選ぶとよいでしょう。

 仏式では四十九日(満中陰という・宗派によっては三十五日)を忌明けとし、法要をいとなみます。このとき法要の挨拶として香典返し(満中陰志)を行うのが一般的です。

 神式では三十日祭、または五十日祭をおこないますので、この日を目安に、感謝の品(仏式で言う香典返し)と挨拶状を用意します。

 なお、キリスト教では特別に忌明けの習慣はありませんが、死後一ヶ月目の召天記念日に追悼ミサを終えたさい、故人をしのぶ品を贈るケースが多くあるようです。

 香典返しは一般的に頂いた香典の3分の1から半分程度の金額を目安にして品物を選ぶとよいでしょう。
よろこび事の場合には、記念としてあとあとまで残るものを選びますが、弔事の場合は、お茶や砂糖、シーツ、タオル、石鹸など、日用品や消耗品を贈るのがよいでしょう。また、職場やグループなで団体の方から香典を頂いた時は、みんなで分けられるようなお茶やお菓子などが最適でしょう。
 のしの表書きは「志」あるいは「満中陰志」が一般的ですが、ところによっては「茶の子」にする場合もあります。