年忌法要を行う

年一周忌
亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。特に重要な年忌法要とされています。


三回忌
一周忌の翌年(満二年)に営まれるのが三回忌で、これから3年目を迎えるという意味で三回忌と言います。

 以後、命日から数えて満6年目に営まれる七回忌、同じように十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌とつづきます。


 三十三回忌を年忌止めと言って、これで年忌供養を打ち切ることが多いようですが、五十回忌を営んで年忌止めにする場合もあります。


神式

一年祭
三年祭
五年祭
十年祭
二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭まで続きます。


キリスト教


カトリック 
 追悼ミサが死去後数年間続きます。


プロテスタント
記念式が死去後数年間続きます。


初盆
 四十九日の忌明けが済んで初めて迎えるお盆が初盆(新盆)で特に手厚く供養します。四十九日の忌明け前に盆を   向かえた場合は、新盆は翌年になります。
 親族が盆提灯を贈るのが慣わしですが、最近は現金を包んで代わりとすることが多いようです。