諸届と手続き

死亡届
 亡くなられた後、遺族がまずしなければならない手続きです。故人を診断し死を確認した医師に死亡診断書を書いてもらいます。これを持って地域の役所に死亡届を出します。届は所定の用紙がありますからそれに書き込んで提出します。これは死亡後7日以内に提出しなければいけませんが、この届に限り役所は休日でも受け付けてくれます。ですから遠隔地でない限りその日のうちに届けるようにしましょう。 死亡の原因が病死や自然死の場合は問題ありませんが、事故死などの変死の場合には所轄の警察署に連絡して死体検案書を発行してもらう事が必要になってきます。この場合には、届出の際に、本人が行く場合は本人の印鑑、代行する場合は代行する人の印鑑が必要になります。火埋葬許可証の受給 死亡届を出す時忘れずに火葬許可証も申請し火葬の許可も貰いましょう。これがないと火葬場で受け付けてくれません。火葬場でこれを出すと必要事項を記入してくれます。これが埋葬許可証となります。この埋葬許可証は再発行されませんので、くれぐれも紛失しないよう大切に保管して下さい。