長寿(賀寿)の祝い

還暦(かんれき)・・・六十一歳
暦の干支は十干十二支の組合わせで六十通りあります、つまり、干支は六十年で一巡し、数えで61歳になると生まれた年と同じ干支にかえるということから、還暦といわれるようになりました。赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団を贈りお祝いをしますが、最近は、六十はまだまだ働き盛り、年寄りくさいと嫌がる人も多いようです。


古稀(こき)・・・・・七十歳
中国の詩人杜甫の詩「曲江」にある「人生七十古来稀」からついた名称です。


喜寿(きじゅ)・・・・・七十七歳
 喜の字を草書体で書くと、七十七と読めることから、こうよばれるようになりました。


傘寿(さんじゅ)・・・・八十歳
 傘の略字は八十と読めることからこうよばれています。


米寿(べいじゅ)・・・・八十八歳
米の字を分解すると「八十八」となることから、このようによばれております。お祝いは、米のお祝いともよばれ、米に対する日本人の観念とともに末広がりの字が二重ということで吉事の印象を与えたともいわれております。


卒寿(そつじゅ)・・・・九十歳
卒の略字は「卆」となり、九十と読めるところから、この名がつけられました。


白寿(はくじゅ)・・・・九十九歳
百の字から一をとると白になり、あと一歳で百歳になることからこうよばれています。お祝いは、地方によって異なるようですが、白装束をつけてお祝いをする所もあるようです。その他百歳を超えるお祝いについて 百歳以上のお祝いは、「百賀」を用い、百一歳は「百一賀の祝い」というようになります。なかでも百八歳は「茶寿」、百十一歳は「皇寿」と呼ばれています。。