初節句

赤ちゃんが初めて迎える節句が「初節句」です。
赤ちゃんが初めて迎える節句が「初節句」です。
男の子は五月五日の端午の節句、女の子なら三月三日の桃の節句に身近な親族やご近所の方々をお招きしてお祝いをします。
 三月三日(桃の節句)は、五節句の二番目「上巳(じょうし)の節句」にあたります。中国には、この日、水辺で身体を清め、宴会を催し、災厄を祓うという風習がありました。こうした中国の節句の行事と、日本に古代から伝わる禊祓(みそぎはらい)の思想や、「人形(ひとがた)」を流す風習とが混じり合い、日本独特の上巳の節句となりました。 上巳はじょうみとも読まれ、本来は三月の最初の巳(み)の日という意味でしたが、かなり古い時代から三月三日に行われるようになりました。また、この日に行われていた人形を形代(かたしろ)にした厄払いの行事が平安貴族の人形あそびといつのまにか結びついて、 ひな祭りになりました。

 初節句のお祝いには、ご招待した方と祝い膳を囲む場合が多いようです。
ご招待できなかった方で、お祝いをいただいた方には、一週間以内位で「初節句内祝」としてお返しをします。
桃の節句には、すこやかに、やさしい女性に育つようにと願いをこめて 美しい人形や雛具を飾ります。大きく分けて雛人形は、段飾り(お内裏さま、三人官女、五人囃子、随身、仕丁の十五人一揃、昔ながらの段飾りです。蒔絵を施したお道具に昔の宮中の様子が慕ばれます。)三段飾り(お内裏さま、三人官女とお道具のコンパクトな人形飾り)平飾り(親王飾り)に大別でき、飾るスペースに合わせて選ぶ事が出来ます。
 日取りは、地域によっては、月遅れの四月三日に、お祝いをする地域もあります。
一方、五月五日は、現代では「こどもの日」としてお祝いします。この日はもともと五節句の「端午の節句」にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は五月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、五月五日が端午の節句として定着していきました。
端午の節句は、ちまきやかしわ餅でお祝いします。また、菖蒲やヨモギ、カヤを束にして屋根に上げて魔除けとする風習があることから、初菖蒲ともいわれます。また、この日に、菖蒲のお風呂に入れると子供が元気に育つともいわれます。
菖蒲は尚武(しょうぶ)に通じるとして、 武家にふさわしい節句として祝われました。
その習慣が一般に広まり、端午は男の子の節句になりました。
五月人形は、健やかにたくましい男性に育つようにと、 武者人形、甲冑、兜、鍾馗(しょうき)、鯉幟(こいのぼり)、粽(ちまき)などを飾ります。