百日祝い(モモカ)(お食い初め)

赤ちゃんに生まれて初めてご飯を食べさせる儀式
「お食い初め」は、赤ちゃんに生まれて初めてご飯を食べさせる儀式で、その赤ちゃんが一生食べ物に苦労しないようにとの願いが込められています。ちょうど離乳食の始まる生後100日目に行われることが多く、地方によっては生後110日目、120日目というところもあるようです。 正式には、母方の実家から贈られた家紋入りの漆器の祝い膳を使い、茶碗、お椀、箸などはすべて新しいものが使われますが、現在では、プラスチック製や陶器のベビー用食器セットを新調し、そのまま離乳食用に用いる方が多くなっています。
お食い初めの料理は、地域によって多少違いますが、尾頭付きの魚と赤飯と汁物に煮豆などを付ける所が多いようです。魚は鯛や出生魚のせいを用いる様です。また、歯固めの小石を付けるところもあります。