お宮参り

赤ちゃんが生まれて初めての氏神にお参りし、将来の加護を祈る行事です。

初宮参りとは、赤ちゃんが生まれて初めての氏神にお参りし、将来の加護を祈る行事です。日取りは地方によって異なりますが、一般的には、生後男児30日、女児32日で「お宮参り」を行います。女の子は男の子より一日か二日遅らせる地域が多いようです。逆に早くお参りをすれば早く結婚できるといって男の子より先に行う地方もあります。
昔は、産婦の忌みは産後七十五日たたないと明けないといわれ、神前に出られなかったため、姑が赤ちゃんを抱いてお参りしました。その風習が今も残って、赤ちゃんを抱くのは姑の役目、という家庭が多いようです。

出産内祝いはお宮参りが済んだらお祝いをいただいた方に、赤ちゃんの名前を書いた命名札を付けて「内祝」としてお返しします。以前は紅白の饅頭や鯛の形の砂糖などがよく使われていましたが、最近ではオシャレなタオルやソープなど日用品が多くなっていますが、食品やキッチン用品でもかまいませんが贈る相手に合わせてお返しを選びましょう。