両家による結納の手順(仲人を立てない場合)

両家による結納の手順について(仲人を立てない場合)ご案内します。

1:結納の飾り付け

結納品は男性側の父親が女性宅へ持参する。風呂敷に包んだまま座敷まで入り、男性側全員で飾り付ける(床の間あるいは部屋の上座)。このとき女性側は別室で待つ。

2:全員着席

扇子をひざ前において一同会釈。

3:男性側父親挨拶

目録を先方に差し出したのち口上。
【口上例】
本日は御日柄もよろしく、ご婚約の印として結納を持参いたしました。なにとぞ幾久しくめでたくお受け取りください。

4:結納品拝見

女性側は目録と結納品を照合します。

5:お受けのあいさつ

【女性側の父親】
本日は結構なご結納をいただき誠にありがとうございます。幾久しくお受けいたします。
【女性側母・娘】
ありがとうございます。

6:受書渡し

【女性側の父親】
受書でございます。どうぞお納めください。
【男性側父親】
確かにお受けいたしました。

7:お開きのあいさつ

【男性側の父親】
本日は誠にありがとうございました。よろしくお願い申し上げます。

8:酒肴配膳